腸内フローラと乳酸菌

腸内フローラと乳酸菌

腸内フローラと乳酸菌

この頃「腸内フローラ」という言葉をよく耳にするようになりました。人間の腸内には100種類以上、約100兆個にも菌が住んでいます。その様子が花が咲いているようだと「腸内フローラ」と呼ぶようになりました。「腸内フローラ」の住んでいる菌の種類は十人十色、千差万別、まるで指紋ように他人と違います。「腸内フローラ」の環境がいい人もいれば、悪い人もいます

 

環境が悪いと言っても、ずっと悪いわけではなく、良い環境に変えることができます。「腸内フローラ」の環境がいいというのは、善玉菌と悪玉菌のパランスが整っていることです。
そのバランスを取るにはどうればいいのでしょうか?

 

乳酸菌は善玉菌と言われています。つまり乳酸菌が悪玉菌・日和見菌よりたくさん腸内に住んでいればいいわけです。乳酸菌を減らさないか、減った分を上まわる乳酸菌を摂取することになります。現代は生活習慣病、ストレスで乳酸菌が減っています。それらを改善するのはとてもむずかしいところです。では、乳酸菌を増やしましょう。

 

乳酸菌といえば、乳酸菌強化食品やサプリメント等も多数ありますが、ヨーグルトやチーズを思い出しますね。ヨーグルトは動物性乳酸菌です。植物性乳酸菌を含む食品は野菜や大豆、日本食である味噌・しょうゅ・漬物・納豆などがあります。味噌やしょうゆなどは塩分に気をつけなければなりませんが、発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれています。世界にもキムチ、ザーサイなど、日本にも漬物が発酵食品です。

 

最近、糖尿病の研究が進み「腸内フローラ」善玉菌と悪玉菌のパランスを整えると、糖尿病を改善させることがわかってきました。糖尿病が腸内細菌とか関わっていたとは驚きです。もちろん、発酵食品・乳酸菌も食べて、食事の時は野菜・たんぱく質・炭水化物の順序で食べるようにすると、血糖値の糖値が下がりやすい体質になるとのことです。糖尿病を患っていない人も、乳酸菌とお友達になって健康になりましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ