ウソ?ホント?食物繊維と腸の関係

ウソ?ホント?食物繊維と腸の関係

胃腸内の環境改善

・ピロリ菌を除去できる
 胃痛などの症状が出た場合なかなか治らなければ病院で検査してもらうのが一番です

 

 その際、ピロリ菌が増殖していたら
 抗生物質と明治ヨーグルトLG21と併用した場合の治りの期間が早まる可能性があります。

 

・便秘で悩んでいる場合
 

ヨーグルトの種類は数多く何が自分に合っているかわからない場合は
 まず、2週間程度同じヨーグルトを試してみることによって
 どのヨーグルトが自分に合っているかを試してください

 

 効果がなければ他の製品に変える目安になります。

 

 また、肌のトラブルにも便秘は多く関係しています。
 自分に合ったヨーグルトは、肌の改善になります。

 

・免疫力を上げるためには
 風邪をひきやすかったりインフルエンザに罹ったりするかたも
 多いと思います。
 最近では、ヨーグルトを補助食品として販売されており
 風邪やインフルエンザの対策として摂取されるのはよいと思われます。
 


免疫力を上げておけば風邪やインフルエンザ以外の病気にもかかりにくくなります。

 

・鼻水の量の改善
 病気に罹ってない人でも鼻水は一日1.5リットルの量が
 体内にあります。

 

 鼻水は鼻の粘膜の水分に半分使われ、後は蒸発します。
 しかしアレルギーなどの症状で鼻水が多く出る場合は
 体質改善に良いとされるものは
 乳酸菌で腸内環境を整えて免疫力をあげる効果があります

 

・高血圧の改善
 

コレステロールや中性脂肪の数値が高くなれば腸内環境を悪化させてしまいます。

 

 その為に、腸内環境の改善に必要なのは悪玉菌をを体外に排出させるためには
 乳酸菌で、腸内環境を整えることが必要になります。

 

 放っておくと体内に悪玉菌が増え動脈硬化の原因になってしまいます。

 

 早めに乳酸菌を摂取して善玉菌を増やしていく必要があります。

 

・お医者さまも健康のために食べているものの中に多くの方は
 ヨーグルトを食べられています。
 それだけ乳酸菌というのは大切な栄養食品です。

 

>>お通じ110番【乳酸菌で便秘すっきり生活】

お腹の中の環境が悪くなりますと、精神面に関する悪影響が発生する事があります。それでちょっとイライラしてしまう方もいらっしゃるのですね。しかしラクテクトという乳酸菌のサプリによって、その精神的な問題点が解決している事もあります。

 

栄養不足によるイライラで悩んでいた40代の方

 

今から数年前なのですが、ある40代の女性の方はそのような悩みを感じていらっしゃいました。その方は仕事の最中に、イライラしてしまう事も多かったようなのですね。

 

特に大変だったのが、理由もなく他の方々に対して迷惑をかけてしまう事だそうです。イライラに伴って周囲の方々に当たり散らしてしまっていたのですが、自分でもそれを後悔していたようです。
そしてその方は、その理由は自分なりに分かっていました。その方の栄養状況に問題があったようなのですね。

 

思えばイライラに関しては、たまにカルシウムが提案される事があります。カルシウムに限らず、栄養分などは人間のイライラに大きく関わってくるのですね。栄養分が不足してしまっていると、人間は上記のような精神的な問題点を抱えている事も多くなるのです。上記の40代の方も、それを自覚していらっしゃいました。

 

サントリーの乳酸菌サプリで精神的な問題点が解決された

 

それである時に、その方はラクテクトという乳酸菌の商品に着目したのですね。サントリーから販売されているサプリメントの1つなのですが、それは栄養改善に関するメリットがあると思ったようです。ラクテクトの中にはラクトフェリンやラクチュロースなど消化吸収に関わる物質が色々入っているのですが、それを摂取すればイライラの問題点も解決されると思ったので、結局それを購入したようです。
参照先サイト>乳酸菌で蓄膿症の改善

 

服用してからしばらく日数が経過すると、だいぶ状況を変わってきました。以前に比べると精神的に落ち着くようになったので、やはりその方に対しては効果が出ていたのでしょう。
またその40代の方はラクテクトを服用するようになってからは、今まで以上に栄養バランスなどを考えるようになりました。それで毎日が、だいぶ健やかになってきたようなのですね。

 

ちなみに前述のラクチュロースなどは、お腹の中のビフィズス菌に対して働きかけてくれる効果があります。お腹のビフィズス菌が活性化される訳ですが、それで上記のようにイライラな問題点などが解決されたのではないでしょうか。ラクトフェリンなども、効果を発揮していたのだと思います。
普段から自分のイライラが気になるようであれば、ラクテクトはおすすめですね。

続きを読む≫ 2015/08/21 00:01:21

今から60日くらい前に、私は身体のあちらこちらが痒くて悩んでいました。それもかなり深刻だったのです。
ところで最近になって、私はアシドフィルス菌に関する情報を知りました。そして、もっと早くその情報を知っておくべきだったかなと思います。

 

数ヶ月前の突然の痒みで悩んでいた私

 

遡れば今年の春の終盤になりますが、突然私の体が痒くなってきたのですね。その痒みの程度はかなりのもので、とにかく夜に眠れなかったのです。
市販の痒み止めなどを用いて何とかしようと試みるのですが、それも一時的な効果にとどまります。結局夜中に、痒みで目が覚めてしまう事が多かったのですね。おかげで寝不足になってしまいました。
それを何とかする為に皮膚科に行ってみたのですが、そこで処方された薬はそこそこ強かったと思います。塗り薬を用いた結果、だいぶ身体の痒みも改善されたからです。

 

ただ、かなり時間がかかりました。痒みが発生してから1ヶ月くらいで落ち着いてきたからです。
いわゆる蚊に刺される程度であれば、基本的には数日くらいで落ち着く傾向があります。しかし私の症状の場合は、ちょっと頑固だったように思いますね。
ちなみに皮膚科の話では、ちょっと細菌が原因だったようです。

 

アシドフィルス菌のサプリで改善すべきだった

 

ところで今から1週間くらい前に、私はある情報サイトにてアシドフィルス菌に関する事を知りました。そしてそれを用いていれば、もっと期間短縮ができたのではないかと思います。
そのアシドフィルス菌に関する口コミサイトなどを見てみると、痒みが改善されている事例もいくつか見られたのです。例えばアトピー性皮膚炎が、そのアシドフィルス菌という乳酸菌のサプリで改善されている事例が見られたのですね。
それと案外と多かったのが、皮膚に対する炎症が改善されている事例です。皮膚にできていた物が、そのサプリで改善されている口コミも非常に多かったですね。

 

ですので今にして思えば、私はそのアシドフィルス菌を含むサプリメントを服用するべきだったかなと思います。それを服用している方々の事例を見ると、たいてい数日程度で皮膚の状態が良くなっているからです。
前述のように私の皮膚の状態が改善されるまでには、数週間ほどかかっています。しかしそのサプリを用いれば数日で改善される訳ですから、明らかに期間短縮ができる訳ですね。どちらの方がメリットが大きいかは、明白でしょう。
ですので皮膚の痒みなどに悩んでいるのであれば、アシドフィルス菌を含むサプリなどはおすすめですね。

続きを読む≫ 2015/07/09 15:27:09

この頃「腸内フローラ」という言葉をよく耳にするようになりました。人間の腸内には100種類以上、約100兆個にも菌が住んでいます。その様子が花が咲いているようだと「腸内フローラ」と呼ぶようになりました。「腸内フローラ」の住んでいる菌の種類は十人十色、千差万別、まるで指紋ように他人と違います。「腸内フローラ」の環境がいい人もいれば、悪い人もいます

 

環境が悪いと言っても、ずっと悪いわけではなく、良い環境に変えることができます。「腸内フローラ」の環境がいいというのは、善玉菌と悪玉菌のパランスが整っていることです。
そのバランスを取るにはどうればいいのでしょうか?

 

乳酸菌は善玉菌と言われています。つまり乳酸菌が悪玉菌・日和見菌よりたくさん腸内に住んでいればいいわけです。乳酸菌を減らさないか、減った分を上まわる乳酸菌を摂取することになります。現代は生活習慣病、ストレスで乳酸菌が減っています。それらを改善するのはとてもむずかしいところです。では、乳酸菌を増やしましょう。

 

乳酸菌といえば、乳酸菌強化食品やサプリメント等も多数ありますが、ヨーグルトやチーズを思い出しますね。ヨーグルトは動物性乳酸菌です。植物性乳酸菌を含む食品は野菜や大豆、日本食である味噌・しょうゅ・漬物・納豆などがあります。味噌やしょうゆなどは塩分に気をつけなければなりませんが、発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれています。世界にもキムチ、ザーサイなど、日本にも漬物が発酵食品です。

 

最近、糖尿病の研究が進み「腸内フローラ」善玉菌と悪玉菌のパランスを整えると、糖尿病を改善させることがわかってきました。糖尿病が腸内細菌とか関わっていたとは驚きです。もちろん、発酵食品・乳酸菌も食べて、食事の時は野菜・たんぱく質・炭水化物の順序で食べるようにすると、血糖値の糖値が下がりやすい体質になるとのことです。糖尿病を患っていない人も、乳酸菌とお友達になって健康になりましょう。

続きを読む≫ 2015/06/29 01:08:29

ホーム RSS購読 サイトマップ